歌のボイストレーニング

声を使う仕事

「ボイストレーニング」というと、「歌の練習」のイメージが強いと思いますが、実はそれ以外にも、「話す練習」のボイストレーニングもあります。
例えば、アナウンサーとかナレーター、講演者など、声を使う仕事は様々あります。

そういった職業の方、または職業に就きたい方、が主に通うようです。
やはりプロ意識を持っているからこそ、なのでしょう。

また、その他にも、仕事で人前で話すため、とか就活のために通う人もいるようです。
「声」をトレーニングすることで、色々な効果があるようですね。

声の強弱や、高低、声質、などにより、聞き取りやすい、聞き取りにくい、がありますよね。
また、好印象を受ける人は、声がいいことが多いと思いませんか?

声をトレーニングして、自分の印象を変えるのも面白いかもしれませんね。

声の印象

初対面で、まず相手から受ける印象は、顔もそうですが、「声」にも左右されます。
特に「声」の印象は、無意識に左右されることが多いのではないでしょうか。

「声」と同じくらい、「話し方」にも印象が左右されます。
日常の会話でも左右されますが、これが人前で話す時には、もっと大きく左右されます。

同じことを発表していても、声の大きい人と小さい人では、声の大きい人の話の方が、しっくり耳に入ってきます。
また、トーンがずっと同じ話し方をするより、強弱があったり、「間」があったりした方が、話に引き込まれます。

保育園の先生が、わざと小さな声で話すことが、テクニックとしてあるようです。
これは、静かにしないと先生の声が聞こえないので、子供達に静かに聞いてもらう方法だそうです。