歌のボイストレーニング

ボイストレーニングというと、「歌」のトレーニングというイメージが強いですが、「話し方」のトレーニング教室もあるようです。 確かに、「声」を使うのは、歌に限らず、「話す」時にも使うんですよね。 そして、話を聞く側で考えてみると、話し手の「声」や「話し方」で、受ける印象が違いますよね。

話し方のトレーニングも

一般的にボイストレーニングと言えば、「歌」のトレーニングだと思います。
では、どんな人が通う所なんでしょうか。

まずは、「プロ」の方ですね。
これは、「歌うこと」で収入を得ている歌手とか。
まあ、そうだろうなと想像がつきますよね。
やはりお金を頂くためには、それなりにブラッシュアップが必要なんですよね。

次に、「素人」の方の場合。
こちらには二種類の方がいるようです。
プロを目指している人と、ただ単に歌がうまくなりたい人。

「プロ」の方と同様に、プロを目指している人がボイストレーニングをするのは分かり易いですよね。

では、ただ単に歌がうまくなりたい人は、ボイストレーニングで、歌がうまくなるのでしょうか。
答えは、「イエス」のようです。
私が実際に通ってみたわけではありませんが、実際に歌がうまくなりたくて通った人の体験談によると、確かにうまくなったそうです。

声の出し方、声の特徴、音域などを知り、講師が客観的に評価してくれ、指導してくれるため、歌が苦手でも、通うことでうまくなれるようです。
ちょっと、通ってみたくなりますよね。
但し、当然ですが、費用もそこそこ、かかります。
教室によって、それぞれ料金設定が違いますが、大よそ1回5,000円程度が相場のようです。
レッスン時間も、30分だったり、45分、1時間と様々のようです。

また、定期的に発表会など、実際に人前で歌う機会も設けているところが、ほとんどのようです。
初回は、無料体験レッスンがどこの教室もあるようなので、興味があれば、一度体験してみるのも良いかもしれませんね。

発声練習だけでない

実際のトレーニングはどんなことをするのでしょうか。 教室によっても、多少の違いはあると思いますが、大体の流れは同じようです。 まずは、ウォーミングアップから。 軽い準備体操をした後に、ストレッチ、腹式呼吸。 そして、発声練習。 低音域から高音域までを発声します。 この「発声練習」が一番知られている練習でしょう。

レッスン内容

歌がうまくなりたい人が通う教室の流れは、次の通りです。 グループレッスンと、個人レッスンがありますが、流れはどちらも同様のようです。 歌うための準備が整ったら、教室が用意した課題曲を歌います。 それに対して、講師がアドバイスを行い、再度歌う。 また、個人が歌いたい曲を歌うこともあるようです。